不用品を高価買取のコツ! TOP > ページ一覧 > ダイヤや色石を高価買取してもらためには

ダイヤや色石を高価買取してもらためには

宝石を高価買取してもらうために

ダイヤや色石の買取は、ブランド品やおもちゃ、フィギュアを扱う店でも行われていますが、鑑定の基準には4つの基本があります。鑑定は4Cによって決まる性質があり、カラット、カラー、クラリティー、カットの種類で成り立っています。この要素のうちの1つが不完全な状態になるだけでも、価値は大幅に下がってしまうことになります。

カラットは重さを示す用語のことで、価値を探るためにも重要な情報となります。1カラットは0.2グラムの重さがあり、緻密な構造で固まっています。カラットの数値は客観的に判断しやすいものですが、極めて小さな単位になっていることもあって、一般の人が鑑定することは容易ではありません。鑑定士が常駐している店を選ぶことによって、カラットの鑑定を精密に行うことができるため、買取価格についても正確に導くことができるのです。

ダイヤのカラーは、買取の際には希少性を確かめるためにも重要になる要素です。色の判定もアルファベットの頭文字で表すことで、客観的な結果を導き出していきます。希少なカラーの場合において、他の要素も含めて完璧な組成になっていれば、買取価格は自然に高くなる仕組みです。

クラリティーは透明度を示すもので、ダイヤや色石の買取価格の判断材料の一つになります。ダイヤや色石は地球上で最も硬い鉱物ですが、扱いが悪い場合には微細なキズを付けてしまうことがあります。キズが表面に残っていると、透明度も低下する性質があり、買取価格も下がってしまうことになります。そのため、普段から丁寧な取扱いをして、キズから守ることが大切です。透明度は内包物の状態によって左右されることがありますから、最初から明らかに価値が下がる品物の場合には、手入れが良くても価値が低くなってしまうことも珍しくありません。

4つのCの中では、カットは人間の技巧で生まれたもので、ダイヤや色石の鑑定では極めて重要な判断材料となります。カットは光学的に計算されて行われることから、完璧なものには輝きが複雑に広がる特徴があります。光学的に考えて理想的になっているカットであれば、ダイヤや色石の買取価格も高くなります。カットの部分に微妙な誤差が生じていると、総合的な評価も下がってしまいます。これらの4つのCが完璧なダイヤや色石を持っている人は、資産としても大事に保存しておけば、やがては価値のある宝石として買取に出すことができます。